スポンサードリンク

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」第五話予告 ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」第五話予告!

毎週水曜日夜9時放送中のドラマ新・警視庁捜査一課9係

第五話予告です♪


ドラマ新・警視庁捜査一課9係」第五話予告


■2009年8月5日放送予定

■第五話「殺人ダイヤモンド」

ある深夜の輸入雑貨店に侵入した高名な政治学者・宇都宮(成瀬正孝)が殺害された。

宇都宮と面識がないという経営者の安本(笠兼三)だが、彼の様子に不振を抱いた青柳(吹越満)は、安本の身元を洗うことにする。

宇都宮が勤務する大学を訪ねた倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)だが、助手の石野(黄川田将也)も宇都宮が店にいた理由はわからないという。
が、倫太郎らは、宇都宮が現場近くのキャバクラに通っていた証拠をつかむのだった。

監察医・真澄(原沙知絵)が、宇都宮の遺体を解剖した結果、胃の中からコンタクトレンズが発見された。

そのコンタクトレンズは本人のものではなかった。

ではなぜ胃の中に入ったのか?

一方、村瀬(津田寛治)と志保(羽田美智子)は、宇都宮の自宅で石が入ったビニール袋を発見する。

この石は、いったい何なのか・・・?

青柳の調べで店の経営者の安本が元暴力団で覚せい剤を売りさばいていた過去があることがわかった。

さらに、安本も宇都宮が通っていたキャバクラに通っていたことが判明する。

安本と宇都宮は知り合いだったのか・・・?

元暴力団員と政治学者の関係とは・・・謎の石・・・

そして、コンタクトレンズ・・・


さまざな、謎をつなぎ合わせた結果、意外な人間関係が浮上したのだった!?

スポンサードリンク
posted by 9係 at 11:02 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。